3食同じモノを食べて仕事を切り替える

三池監督が語る仕事のこなし方とは

「この男を殺してください。御礼として10億円お支払します」――前代未聞のショッキングな新聞の全面広告が掲載された日を境に、日本全国民の欲望と殺意が1人の凶悪犯=清丸国秀に集中する。そしてその凶悪犯を移送するために派遣された警視庁警備課警護課SPたちは、残忍で滑稽な本性を現す清丸を命懸けで守る価値があるのか、と自問する。
 木内一裕の同名小説を原作に、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也といった人気と実力を兼ね備えた俳優たちが出演。誰も予想できないクライマックスまで猛スピードで突き進んでいくエンターテイメント大作だ。
 メガホンを執ったのは、そのエネルギッシュな演出とタブーを恐れない描写の数々で、日本映画界に異彩を放ち続ける三池崇史監督。今回はその三池監督の映画作りにおける哲学について聞いた。

インタビューの上はこちらから

――『藁の楯 わらのたて』は、洋画メジャーであるワーナー・ブラザース映画が、ローカルプロダクションとして手掛けた邦画作品です。他社の邦画作品と違い、ハリウッド方式が取り入れられていると聞いたのですが。

確かにワーナー・ブラザース映画は、日本の映画会社とはまったく違う環境ではあるとは思います。とはいえ、スタッフも根は日本人なので、ハリウッド的なものと、日本的なものと、両面持ち合わせているという感じでしょうか。これがいいように作用すると、面白いものができると思うんですよね。作品作りの過程で、いろいろとリサーチをしたり、モニター試写を行ったりとか。そういうのは自分にとっては面白かったですね。

――完成前に一般客に映画を見せ、その感想に合わせて、あらためて作品を調整していくというモニター試写は、ハリウッドでは一般的ですが、日本では珍しい試みです。

日本の映画会社といちばん大きく違うのは、基本的に、「観客からするとこうですよね」という第三者的な視点があること。映画ばっかり作っていると、小慣れてしまって、「自分たちはこうあらねばならない」とか、「自分たちはこんな映画が好きなんだ」と、言いがちになる。それは悪いことではないですし、そこの中に閉じこもってもいいわけですよ。

次ページ三池流、気持ちの切り替え方とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。