3食同じモノを食べて仕事を切り替える

三池監督が語る仕事のこなし方とは

でもそこに第三者的な視点がポンと入って、「今のお客さんはどういうのを求めているのか」というような視点がひとつ増えるんです。たとえば「お客さんは求めていないけど、いいんじゃないですか」「求めていないけど、こうしたほうがいいんじゃないんですか」「両方いくなら、こういうやり方もあるんじゃないですか」というような。お客さんの目とは何なんだろうということを、考えさせる感覚は、やはり日本の映画会社とは違いますよね。

なんらかの形で興行的な成績がよかったり、単に評価されたりすれば、また次のチャンスが巡ってくるのかもしれませんが。それでも出来上がったものだけで勝負をするという感覚は、正直でいいですよね。煩わしい人間関係がさほどなくていいというか。

三池流、気持ちの切り替え方とは?

――『忍たま乱太郎』から『藁の楯 わらのたて』まで、三池監督のフィルモグラフィは驚くほどバリエーションが豊かで、かつ、毎年多くの作品を手掛けています。いろいろな仕事を振られて、気持ちの切り替えがうまくいかずに「あー!」とパニックになるような人もいると思うのですが、三池監督流の気持ちの切り替え方はあるんですか?

三池崇史(みいけ・たかし)
映画監督
1960年大阪府八尾市出身。1991年にVシネマで監督デビュー。1995年に『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』で劇場用オリジナル作品初監督。以降、ジャンルを問わず様々な作品を発表し続ける、日本を代表する映画監督。その評価は日本国内にとどまらず、海外でも高く評価されている。近年では、2010年に『十三人の刺客』がヴェネチア国際映画祭に、2011年に『一命』がカンヌ国際映画祭にコンペティション部門に出品され、現地で賞賛される。

どうでしょうね? たとえばパニックになって「わー!」とか「そんなのできないよ」というような人でも、朝昼晩3食すべてをカレーにしようという人はいないじゃないですか。たとえば昨日、中華を食ったから、今日はちょっとパスタかなみたいな。夜は昨日居酒屋行ったから、今日はうどんすきでも行くかみたいな。僕からすれば、仕事には融通が利かないくせに、ご飯のスイッチは切り替わるのかよっていう感じですね(笑)。それを逆にすればいいわけですよ。毎日ロケ弁にして、やることを変えるとか。ちょっとした切り替えです。しかもかなり簡単な切り替え。

――そういう逆転の発想は盲点でした。ところで三池監督の若い時代の話も聞かせてください。助監督時代はどのようなモチベーションで仕事をしていたんですか?

僕はフリーの身分で助監督をやってきた人間で、自分が将来、監督になるというイメージをまったく持ってなかった。たとえば助監督のときに、将来、自分はこんな監督になりたいと考えるような人よりも、要は、捨て身というか無欲で、後先考えず、監督の演出なんてまったく気にせずに、ただただ突っ走ってるやつのほうが、時には役に立ったりするわけです。

だからそうやって、ワーッと夢中になってやっているうちに、ポッと突然「お前、監督できんじゃないの」と言われることがある。そうやって周りを見てみると、確かにその人の言うこともそうだなと思えてくる。現場の段取りはわかっているし、いろんな監督と付き合ってきた結果、大したもんじゃねえなということもわかってきますからね。

次ページ自然の無我の境地に入っていく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT