健康保険法から見た柔道整復師とは?

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第69回)

 

2007年11月19日、四十数年ぶりに幼少時代を過ごした地、岐阜県中津川市を訪れました。古くは中山道の宿場町として栄えた交通の要所で、名物の栗きんとんは絶品です。現在は名古屋から通勤圏内ですが、当時は遠方に行くというイメージで、温暖な知多半島で育った母親にとって、冬はとてもつらかったと聞きます。

テレビが貴重な時代で、部屋が狭かったせいもありますが、押し入れの中にテレビをしまって、うやうやしく見ていたそうです。私は中学、高校時代にはフォークやロックの音楽にはまり、伝説の中津川フォークジャンボリーにあこがれていました。

不思議だった柔道整復師の施術

住んでいた家は、恵那山を源流とする急流の四つ目川が流れる駅の近くの一角で、3歳から5歳までをそこで過ごしました。当時の記憶はおぼろげにしか残っていませんが、やんちゃ坊主で両親に心配をかけまくっていたことは確かです。
私はその頃ちょっとしたことで、すぐに肩を脱臼してしまい、よく柔道整復師のお世話になっていました。手を上に挙げるだけで、肩がはずれてしまうこともあり、母親を心配させました。でも、柔道整復師のところへいくと、気合いでエイッとやると、すぐに元に戻るのが不思議でたまりませんでした。

そして、鮮明に覚えているのは、交通事故に遭ったことです。まだ、昭和30年代の地方都市ですから、車がそんなに多くはなかった頃です。親が買い物をしている間、近所の子供とふざけて大通りを渡り合っていました。今から考えると、どちらが先に車にぶつかるかという、まるでロシアン・ルーレットのような危険な遊びでした。

次ページ柔道整復師とは医師でも保険医療機関でもない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT