社労士試験でも民法が問われることに注意

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第67回)

 

2007年11月10日、社労士試験の合否通知が届きました。覚悟はしていたものの、やはり涙の1問で撃沈しました。不合格でしたが、全体的にはすばらしい内容でした。

この年の合格基準点は、選択式は総得点40点満点中、28点以上かつ全科目3点以上、択一式試験は総得点70点満点中、44点以上かつ全科目4点以上。残念ながら私が期待した科目救済は一切ありませんでした。

勝負に勝って試合に負けた

私の総得点は、選択式が35点、択一式が49点と胸がすくほどの大健闘。3年目の仕切り直しで、一から勉強し直した効果が表れていました。

選択式の科目別得点は、各科目5点満点中、労働基準法(労基)4点、労働者災害補償保険法(労災)5点、雇用保険法(雇用)5点、労務管理その他の労働に関する一般常識(労一)2点、社会保険に関する一般常識(社一)5点、健康保険法(健保)5点、厚生年金保険法(厚年)5点、国民年金法(国年)5点。基準点の3点に1点足らず、不合格の原因となった労一科目以外は、ほぼパーフェクトに近いものでした。

次ページ翌日は行政書士試験
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT