貧困の国ドミニカで、野球が持つ大きな意味

大リーガーを続々輩出。ドミニカ流の”雑草”教育

一方、野球を教育のモチベーションとしているプログラムもある。サンペドロ・デ・マコリスで毎週土曜に開催されている「マニー・アクタ・リーグ」だ。冒頭で紹介した第1回WBCでドミニカ代表を率いたマニーの考案で創設され、少年選手の総人数は300人。月曜は5〜7歳、火曜は8〜10歳、水曜と木曜は11、12歳が午後になるとやって来る。ドミニカ政府から寄付されたグラウンドで、ボランティアスタッフから指導を受けるのだ。

このリーグのディレクターを務めるラモン・ペレスが言う。

「子どもたちは午前中に学校へ行き、午後になるとここで宿題や数学、コンピュータなどの実習を行う。その後に野球だ。学校に行かない子は、ここではプレーできない。リーグが作られた目的は、学校に通うことを支援するためだ。マニー・アクタもよくここにやって来て、子どもたちに野球を教えている」

「マニー・アクタ・リーグ」が所有する4つのグラウンドには「サミー・ソーサ球場」「フリオ・フランコ球場」「ラファエル・バティスタ球場」「リカルド・カイ球場」と地元出身選手の名前がつけられている(撮影:龍フェルケル

ヘッドコーチのフリオ・セサルはマニー・アクタとアマチュア時代のチームメイトで、彼の思想に共感してボランティアで指導している。「子どもたちは勉強も野球も、本当に楽しそうにやっている。彼らが立派な大人になっていくことが、俺のやりがいだ」と言う。

「CSA」のペドロやマニー・アクタ、彼と共にプログラムを行うセサルは野球と深くかかわる過程で、さまざまな人間を見てきた。中には華やかな成功を収めた選手もいるものの、大多数は陽の目を浴びずに去っていく。野球は人生を懸けるに値するが、野球に依存しすぎてはいけない。すべての選手にいつか、引退のときが来るからだ。

野球から生まれる好循環

現在「CSA」でディレクターを務めるペドロはニューヨークの高校を卒業し、カレッジ(大学)を出てからプロ選手になった。独立リーグを最後に現役を引退すると、ニューヨークでスーパーマーケットのビジネスを始めた。英語を話すことができ、十分な教育も受けた彼は、現役引退後も幸せな生活を送っている。

ペドロが言う。

「ドミニカの子どもたちが野球をする理由はいくつかある。ひとつは、情熱を持ち、野球が大好きだから。もうひとつは貧乏から脱出したいからだ。プロとして契約すれば、貧乏生活から抜け出すことができる。でも、才能を持った若手選手がアメリカの球団と契約し、大金を手にしても、教育が不十分だと問題が起きる。そのおカネをどう使えばいいのかわからないんだ。教育を受けていないと、バカげたことに散財してしまう。だから子どもたちが教育を受け、その後にプロ野球選手として契約できるように育てたい。そうしてこそ明るい未来がある」

野球がなければ、現在の自分はない――。かつてプロとして活躍した選手たちはそう感じ、野球への恩を子どもたちを通じて返している。そういった野球の好循環をドミニカでいくつも見ることができた。

野球は少年たちに夢を見させ、教育の機会を呼び込み、かかわる人間の人生を豊かにする。ドミニカの国技である野球には、深い意味がある。

(撮影:龍フェルケル

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。