「若者の酒離れ」は本当か(下) 答えは「NO!」。鍵は、万博世代の息子たち-その2

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12
拡大
縮小

定価で買う。それが作り手を尊重するということ。

「だから、僕は、バーゲンには行きません。服が欲しいときは、シーズンの初めに買いにいきます。そして、作り手の姿勢に共感したら、その場で買います」

バーをやっていて、たまにとても残念に思うことがあります。それは、Hollyで初めて飲んで気に入った酒のラベルをパチリとやって、通販で安く探して買いました、と公言されるお客さま。

「そのどこが悪いの?」とおっしゃる読者の方も、いらっしゃるかもしれません。スマホのアプリには、店先で欲しい商品をパチリとやれば、それが安く買えるアマゾンのサイトに移動できるものもあるとか。

だから、作る側も、低価格帯の商品を集中して開発したり、店頭での値下げに納入価格で協力したり。

前回の記事にも書きましたが、供給する側がこれを続ければ、確実に、その文化は滅びます。

酒は長い歴史をもつ文化であり、バーという空間で、いろいろなしがらみから解き放たれてその味わいにひたることは、大人ならではの楽しみです。

残念ながら、この2人は、同世代では少数派だということ。彼らの交友関係に、「きみも?」と共感しあえる同世代が増えてこそ、日本が豊かさを取り戻したと言えるのではないでしょうか?

筆者より:「若者の酒離れ」についての記事は、今回で終わりです。ただ、このテーマについては、賛否両論、さまざまなご意見をいただきました。ですので、ひき続き、この問題を考えるべく、ツイッターのアカウント( @otonanomi201211 )を開設しました。今後は継続的にみなさんとこの問題を考えていきたいと思います。共感してくださる方は、ぜひフォローをお願いします。

次ページ酒は大人の教養である―その8.蒸留酒
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT