「若者の酒離れ」は本当か(下) 答えは「NO!」。鍵は、万博世代の息子たち-その2

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12
拡大
縮小

家業が代々国際派の商人。そんな家に育つと……

Tくんは、20代後半。IT関係。いつもおしゃれで沈着冷静、どんなお客さまと同席になっても、態度を変えることなく、自分のペースで、その日飲みたいお酒を楽しんで帰ります。

正直に言って、Tくんに会うまで、私の中でのIT関係の方たちのイメージは、ちょっと偏ったものでした。人見知りで、社交下手。得意分野の話題になると、がぜん生き生きとしはじめる、など。そうじゃない方もむろんいますが、バーのマスターの立場からすると、ちょっと気遣いの必要なお客さまが多かったので。

そんな中で、Tくんはちょっと違って見えました。その理由はどこにあるのか、彼の生い立ちなんかにも関係あるのだろうか、そう思って、聞いてみたことがあります。

「実家はオーディオ関係の商売をしていて、僕が生まれてはじめて見たPVは、マイケル・ジャクソンの『スリラー』でした。親父が見せたんです。一緒に踊ろうと思ったらしく」

ちなみに、Tくんの実家は、曾祖父の時代から、当時ハイカラとされていた、さまざまな輸入機器を扱ってきた商家。

「父に海外の滞在経験はありませんが、海外がいろいろな『モノ』を通して、向こうからやってくる家でした。いま60歳近いですが、小学生の頃にバイオリン、中学でトランペットを買ってもらって演奏していたそうです」

「僕も、小学生のときと中学生のときに、クラシックとピアノソナタの全集を渡されて、これは教養だから、ちゃんと聞いて覚えるように、と言われました」

ちなみにTくんの出身は北日本のとある県。首都圏ではありません。

父の口癖は、「自分で考えろ」

Tくんも、小田くん同様、若いのにお酒の飲み方がきれいです。今日はグラスが進むなぁ、と思ったときは、少し頬に赤みがさしますが、言動が乱れたことは一度もありません。

「親父に、面と向かって、具体的にああしろ、こうしろと言われたことは一度もありません。でも、子供の頃から側で親父の商売のやり方を見てきたので、価値観はわかっているつもりです」

「印象に残っているのは、僕が進学で上京した後、親父が出張で来たときのことで……当時、僕は財布が欲しかったので、デパートに一緒に行って、候補の財布をじっくり見て、まぁ、高かったんですよね。そうしたら、『これがなぜこの値段か考えろ』って」

「親父が言いたかったのは、いいものは高い。高いだけの理由がある。それがちゃんとわかる大人になれ、ということでした。そんな説明はしませんでしたが、商人として、それが基本的な心構えだということは伝わってきました」

次ページ定価で買う。それが作り手を尊重するということ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT