「若者の酒離れ」は本当か(下)

答えは「NO!」。鍵は、万博世代の息子たち-その2

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

前回に続き、今回も、2004年頃から酒造業界を揺るがしている「若者の酒離れ」について、バー経営の現場、カウンターの内側から見えてきたことを、2人の20代男性顧客への取材を通してお話ししていきます。

「万博世代」の定義については、前回説明させていただいたので、ここでは割愛しますが、日本が物質的に豊かになっていく様子を、自身の成長と共に実感。そして、社会人となってからのキャリア形成が、プラザ合意以降の日本企業の海外進出と重なった、初の国際派サラリーマン世代のこととご理解ください。

後半の、「酒は大人の教養である」は、「その他の蒸留酒」。ジン、ラム、ウォッカ、テキーラなど、原料も国籍も違う、多彩なスピリッツの世界にご案内します。

「父は、バンカラな国際派。
仕事も遊びも、常に全力の人ですね」

小田くんは、この春、某住宅メーカー入社のフレッシャーズ。Hollyには、昨年、大学4年生のとき、就職が決まってからご来店。最年少の常連さんです。

初めから、店に来るときはいつもひとり。元体操部ということもあってか、バイトも社員以上に一生懸命。飲食関係らしく、長時間働いたあとの疲れは「そうとうなもの」だそうで、そんなときに、グラス片手にHollyのカウンターでぼうっと飲みたくなるんだそうです。

初めての来店のときは、本を持ってきて読んでいましたが、そのうちに隣のお客さまに話しかけられ、礼儀正しい好青年なので、たちまち常連さんたちの間の人気者に。

次ページ学生さんにとって、バーって高くないですか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT