遊びだけでは満足できなくなる富裕層の心境

とどのつまり、教育は最大の関心事になる

という具合に、お金持ちの発展段階論を展開したあと、冨田さんが指摘したのは、古今東西の、そしてどんな発展段階の富裕層にも共通する興味関心としての子女教育だった。

一族の破滅を防げ!

冨田和成/ZUU 社長 兼 CEO 1982年神奈川県生まれ。一橋大学卒業後、野村證券に入社。支店営業、プライベートバンク部門で数々の同社最年少記録を打ち立てる。2013年4月にZUU創業。

「育ちと経験、人付き合いで、人としての深さが決まる」と冨田さんは言ったが、このうち育ちだけは後天的に左右することができない。

富裕層の多くが子や孫の教育に熱心になる所以だ。富裕層の多くが子女を一流ボーディングスクールに行かせるのは、同じクラス(階級!)の子どもたちが世界中から集まってくるからだ、と冨田さんは言う。

「私たちは、本質的には親の影響を最も受けていると思います。それは、お腹を痛めて産んだ子だからとか、遺伝的に云々という話だけでなく、一緒にいる時間が一番長かったからでもあります。幼少時の影響はとても大きい、そして学校の友達の影響も大きい。となると、子どものころから大富豪の子女のネットワークのただなかに放り込めば、その子にとっては周囲の価値観が当たり前のこととして身につきます。

早くからトップのネットワークに入れてしまえば、そういうクラスの子に育つんです。日本の“お受験”とはまったく違う世界です」

海外での富裕層の子女教育には、お受験とは異なる“目的”がある。

「富裕層の子女が必ず身につけなければならないのが“モラル”です。大富豪の資産を受け継ぐのは一族の子女ですから、浪費家に育ってはいけません」

冨田さんによると、教育の内容も変わりつつあり、教育を施す場所も多様化してきているそうだ。

次ページ子どもをボーディングスクールに送って試練を与える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT