「本当のお金持ち」は目立つことを好まない

おカネで買えない信頼は「気配り」でつかむ

大富豪ほど見た目は地味なものなのです(写真:Graphs/PIXTA)
6~7月には多くの企業で夏のボーナス(賞与、一時金)が支給されます。ボーナスで腕時計の購入を検討している人もいるかもしれません。そのうち男性が憧れるブランドといえば「ロレックス」。高級時計の代名詞です。
ところが、実は大富豪と呼ばれる人たちの中にはロレックスを買わない人も少なくないそうです。買うのに不自由しない彼らが避ける理由とは、いったい何でしょうか。『大富豪が実践しているお金の哲学』(クロスメディア・パブリッシング)の著者であり、野村證券で最年少プライベートバンカーとして、企業オーナー・ファンド出資者をはじめとした国内外の超富裕層と接してきた冨田和成氏が、彼らのファッションとお店選びの考え方を紹介します。

ビル・ゲイツとIBMの気配り

●一般人は、自分の好みでスーツを選ぶ
●小金持ちは、誇示できるスーツを選ぶ
●大富豪は、相手にどう見られたいかで服を選ぶ

 

ビジネスシーンでのファッションは、自分の好みを優先することより、相手に与えたい印象を十分反映できる服を選ぶことがとても大切です。

たとえば、初対面の人と会話をするとき、誠実な人だと思われたいなら終始丁寧な言葉遣いをするでしょう。逆に、距離を縮めたいならあえてフランクな話し方をするなど、目的に応じて言葉を使い分けているはずです。

現在、ベンチャー企業を率いる私のファッションはもっぱら私服です。金融機関のトップなど堅い業界の上の方と会食をするときは礼儀としてジャケットとネクタイはしますが、スーツを着ないこともあります。相手に礼は尽くしつつも、あくまでも「ベンチャー企業の経営者」として見られたほうがメリットは大きいと思っているためです。

ファッションもコミュニケーションの手段です。さまざまな引き出しを持っておいて、うまく使い分けることが肝心です。

次ページビル・ゲイツ氏がIBMを訪問した際の話
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。