駅前「豪華タワマン」は誰が買っているのか

知らないと損する不動産業界「絶好調」の裏側

不動産に投資する上で「知らないと損をする」カラクリを解説します(撮影:尾形文繁)
不動産は2つとして同じものがなく、複雑な変数がたくさん存在する。そのため直観で買ってしまうことが多いが、投資で利益を上げるためには、合理的、論理的な判断が必要になってくる。
このたび『不動産投資の超基本』を上梓した牧野知弘氏に、ポジショントークを徹底的に排した「素人は見落としがち、だけど不動産のプロは必ずおさえている不動産のポイント」を解説してもらう。

不動産業界に追い風が吹いているカラクリ

背伸びせず、等身大の自分ではじめられる不動産投資の入門書。23のプロ目線で、自分だけの不動産戦略が見つかる。上の画像をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

「マイナス金利政策で不動産は今こそ買い」といった記事や、低金利を背景とした不動産投資をすすめる書籍の発刊が増えている。大手不動産各社の業績も絶好調だ。各社の首脳からは「さらに東京都心部を中心に再開発を手がけていく」と勇ましい発言が相次いでいる。

一方で、国内消費の回復はもたつくどころか、いっこうに兆しすら見えてこない。為替が円高に振れはじめ、富裕層の財布のひもを緩めさせていた株高も、企業業績の雲行きが怪しくなるにしたがって動向を不安視する声が大きくなっている。

景気の先行きが悪いのに、不動産だけが好調、という世の中はありえるのだろうか。

業績が悪くなった企業が最初に手をつけるのが、オフィスの賃料や人件費に代表される固定費だ。オフィス賃料に関しては、新規のオフィス床の拡張を控えるようになるか、賃料の値下げを要求する。さらにもっと厳しくなれば、賃料の安いビルに移転することになる。

人件費に関しては、従業員の給料を下げる、もっと厳しくなればリストラを行って人件費の圧縮を図るのは、今やどこでも行われていることだ。

収入が減少した個人は、マンションを買うのを躊躇し、家賃負担に耐えきれない賃借人は、より安い条件のアパートへと引っ越しを始めるのが常である。

次ページ肝は「スクラップ&ビルド」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。