eラーニングはどれだけ活用されている?

自社独自コンテンツの開発も盛ん

HR総合調査研究所は、全国の上場および未上場企業の人事担当者を対象に2012年11月5日~月13日に、eラーニングの利用実態をアンケート調査した。有効回答は291社(1001名以上64社、301~1000名96社、300名以下131社)。

規模が大きいほど活用率が高いeラーニング

eラーニングの活用状況には、企業規模別で大きく違いがある。「1001名以上」は69%と7割近くが活用しているが、「301名~1000名」では54%と半分近くになり、「1~300名」では32%と大きな差が開いている。

eラーニングの活用は、対象人数や対象者が勤務するエリアの分散状態に大きく影響してくるものと推測される。対象人数が多少多くても、1カ所に集まることが容易であれば集合研修形式で実施されるであろうし、対象人数がそれほど多くなくても対象者の拠点がバラバラであれば、1カ所ないしは各ブロック拠点に集合しての研修は極めて非効率といえる。

次ページeラーニングのメリットは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。