ライフネット、仰天の「新人」活用法

出口社長「株主総会を新卒に仕切らせる」

ライフネット生命保険はユニークな企業だ。生保業界は免許が必要であり、新規参入が難しい業種だ。しかしライフネット生命は免許を取得し、2008年5月18日に独立系生命保険会社として開業した。

それから4年経たない12年3月15日に東証マザーズへの上場を果たし、「開業後5年以内に、保有契約件数15万件以上」という目標も半年前倒しで達成した。「保険料を半額にして、安心して赤ちゃんを産み育てることができる社会を作りたい」という起業の理念が若い世代の支持を得たのだ。

ライフネット生命は新卒採用もユニークだ。採用ホームページには「社会はこんなに変わっているのに、新卒採用は変わらなくていいの?」という採用宣言が掲示されている。

出口治明社長

学卒者の一括大量採用については、

「戦前に生まれた、世界でも珍しいこの採用慣習は、なんと100年以上もの間、基本的なあり方を変えていません」

「経済のグローバル化が加速し、人材の育成が求められる中で、学問を犠牲にして『シューカツ』に励まざるをえない学生たち。多くの企業が横並びの選考フローを展開し、同じような質問と回答があちらこちらで繰り返される現状」

と、就職活動に対し批判的な言辞が並ぶ。

挑発的だと思う。ならば、挑発するライフネット生命はどのような新卒採用をしているのか?日本生命を経てライフネット生命を起業した代表取締役社長の出口治明氏に、新卒採用について聞いてみた。

30歳未満は、「新卒」です

――まずライフネット生命についてお聞きします。ライフネット生命は、「保険料を半額にする」とうたっています。安さの理由について教えてください。

缶ビールを買って家で飲めば200円そこそこなのに、居酒屋で飲むと500円になる。2倍以上の価格になるのは、ビールの価格以外に人件費、光熱費、地代などの諸経費がかかるからだ。

次ページ採用はスペック重視で、60歳でもOK
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT