住友生命、ベトナムに触手伸ばす

保険・金融グループのバオベトに資本参加

住友生命保険は12月20日、ベトナム最大手の保険・金融グループであるバオベト ホールディングスとの間で、同社の発行済み株式数の18%を約280億円で取得することで合意した。

株式は、現在の所有者である香港上海銀行系のHSBC保険ホールディングスから譲渡を受ける。住生は今後、資本参加とともに役員派遣などを通じて同社の経営に参画。システム開発や商品開発面でも同社を支援していく。

日本の生保会社のベトナムへの進出は、第一生命保険に次ぎ2社目となる。住生の出資先であるバオベトは生命保険のシェア(保険料収入ベース)で同国2位、損害保険では首位のポジションにある。

約8700万人の人口を擁するベトナムの生命保険市場は年率2ケタのペースで拡大を続けており、住生は成長の果実を保有株の時価総額の増加や配当を通じて得ていく考えだ。同時に、すでに進出している中国以外の新興国への進出も進めていく。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT