電機・電力株下落が日生などを直撃 生保決算は株評価損で明暗

印刷
A
A
(写真は日本生命東京本部ビル 撮影:梅谷 秀司)

主要生命保険16グループの2012年9月期中間決算が出そろった。保有株下落を主因とした有価証券評価損は6823億円(前年同期比83%増)に達したものの、本業の稼ぎを示す基礎利益の範囲内に収まった企業が多く、当期損益の赤字は会計処理方法変更が主因のメットライフアリコ1社にとどまった。

自然災害多発で本業が赤字体質に陥っている損害保険とは異なり、生保は分厚い「危険差益」(実際の死亡率が予定死亡率よりも低い場合などの危険保険料の余剰)に支えられて安定ぶりを示した形だ。

4社で基礎利益上回る有証評価損

基礎利益を上回る有価証券評価損が発生したのは、日本生命、メットライフアリコ、三井生命、朝日生命の4社。うちメットライフアリコを除く3社は、危険準備金(日生)や価格変動準備金(三井、朝日)などの内部留保を取り崩して当期損益の黒字を確保した。

次ページ保有株下落の影響は業界全体では吸収
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT