郵政上場計画の裏側

民業圧迫もお構いなし

「郵政vs.民間金融」の百年戦争に再び火がついた。

日本郵政グループは10月29日、政府の民営化委員会に上場計画を提示した。これに対して、民間金融機関が「平和条約を反故にされた」とばかりに怒りをあらわにしている。競合するゆうちょ銀行、かんぽ生命の株式売却時期をうやむやにしたまま、この2社の住宅ローンなどへの新規参入を計画に織り込んでいるためだ。

今回、日本郵政が申請した内容は、(1)2013年4月に個人ローン、事業ローンを開始、(2)日本郵政の株式を3年以内に上場、(3)その後は市況を見極めながら、政府が順次株式を売却していく、というものだ。一方、金融2社については、日本郵政株の2分の1を売却するまでに方針を明確化する、というだけにとどまっている。

全国銀行協会など民間の金融機関8団体は、ゆうちょ銀行の完全民営化にかかる具体的な計画を示さないで新規事業に参入する案を出したことに対し、「断じて容認できない」と反対声明を出した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT