優秀な子を育てる親は「苦手」に目を向けない

学校改革には「変わった先生」がもっと必要だ

第6回は小林りん氏と議論を交わす
モンスターペアレンツや土日の部活動問題など、教員の負担についての議論は絶えない。先生の話をみんなで席に着いて聞くスタイルにすら矛先が向き、学力別・習熟度別など個別授業へのニーズが高まっている。だが、いいものには予算がかかる。毎月毎年多額のおカネを塾に払っている親ですら、優秀な先生を採用・育成するのにおカネがかかることに気づいていないのだろうか。ICTを活用すれば安価でさまざまなニーズへの対応が可能にはなるが、先生も親も変わらなければならない。社会環境も変える必要がある。
本連載は算数学習支援サービス「RISU」を立ち上げた筆者が、そんなテーマに迫っていく。第6回はインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢、通称「ISAK」代表理事の小林りん氏と議論を交わした。

国際社会で変革を起こせるような人材の育成

加藤エルテス 聡志(以下、加藤): ISAKとは?

小林りん(以下、小林):ISAK(アイザック: インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢【International School of Asia,Karuizawa】)は、長野県軽井沢にキャンパスを構える全寮制インターナショナルハイスクールです。さまざまなバックグラウンドを持つ若者を、アジア太平洋地域を中心に世界約30カ国から受け入れ、将来国際社会で変革を起こせるような人材の育成を心掛けています。

加藤:ISAKでは教育の成功指標として、どのようなものを定めていますか?

小林:トランスフォーメーショナル(transformational:変革的)なことを生徒一人ひとりがやっているか、できる人に育っているか、に指標をおいています。

加藤:「何かを変える活動を主体的にやっているか」といったところでしょうか?

次ページトランスフォーメーショナルな例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT