優秀な子を育てる親は「苦手」に目を向けない

学校改革には「変わった先生」がもっと必要だ

第6回は小林りん氏と議論を交わす
モンスターペアレンツや土日の部活動問題など、教員の負担についての議論は絶えない。先生の話をみんなで席に着いて聞くスタイルにすら矛先が向き、学力別・習熟度別など個別授業へのニーズが高まっている。だが、いいものには予算がかかる。毎月毎年多額のおカネを塾に払っている親ですら、優秀な先生を採用・育成するのにおカネがかかることに気づいていないのだろうか。ICTを活用すれば安価でさまざまなニーズへの対応が可能にはなるが、先生も親も変わらなければならない。社会環境も変える必要がある。
本連載は算数学習支援サービス「RISU」を立ち上げた筆者が、そんなテーマに迫っていく。第6回はインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢、通称「ISAK」代表理事の小林りん氏と議論を交わした。

国際社会で変革を起こせるような人材の育成

加藤エルテス 聡志(以下、加藤): ISAKとは?

小林りん(以下、小林):ISAK(アイザック: インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢【International School of Asia,Karuizawa】)は、長野県軽井沢にキャンパスを構える全寮制インターナショナルハイスクールです。さまざまなバックグラウンドを持つ若者を、アジア太平洋地域を中心に世界約30カ国から受け入れ、将来国際社会で変革を起こせるような人材の育成を心掛けています。

加藤:ISAKでは教育の成功指標として、どのようなものを定めていますか?

小林:トランスフォーメーショナル(transformational:変革的)なことを生徒一人ひとりがやっているか、できる人に育っているか、に指標をおいています。

加藤:「何かを変える活動を主体的にやっているか」といったところでしょうか?

次ページトランスフォーメーショナルな例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。