北方領土問題は結局どのように落ち着くのか

日本が行うべきことは、はっきりしている

木本:まだかまだか、と待っていたんですね。

美根:参戦すれば、ソ連があこぎな要求をしてくるのは百も承知だったので、国務省はそれを阻止するべくヤルタ会談に臨むルーズベルト大統領にファイルを渡していました。ルーズベルトはすでに病気で、その年の4月12日に亡くなりますが、ファイルは持っていても見なかったそうです。そこには樺太は返還すると書いてあったが、千島については引き渡してよいとは書いてなかった。要するに国務省のアドバイスを聞かなかったのが真相らしいです。

木本:なるほど。ええかげんなことを言ってでも、とにかく参戦してもらおうと。

美根:「アメリカさんあなたはくれると言ったじゃないか」という気持ちはソ連にはある。ただ、それは戦争中の約束ですから、微妙なんです。

木本:日本はアメリカに「一緒に話してよ」とは言いがたい。千島列島の半分を要求したほうがいい?

美根:難しい。ですが、アメリカも当事者の一人として主張して欲しい。千島列島の20島に関してロシアに権利はないと言ってしかるべきなのです。ちょっと無茶な話に聞こえるかもしれませんが、日本は千島列島を放棄したけれど、今のロシアには本来権利がないはず。他国は千島列島に興味はなく、日本とロシアの2国しか興味がない。だったら本当は半分づつにしたほうがいい、というのが私の主張です。

木本:それはいいですね。大抽選会やって1島づつ選んじゃえばいい。

美根:1956年に日ソ交渉があって、そこで日本は4島返還を要求しました。そこから一歩も進展していないのに、4島のうちの2を返せという要求を覆して10返せというのは無茶ではあります。交渉において持ち出すべきではありませんが、ただ、千島列島問題の本質に立ち返れば、国後、択捉の2島は当然要求するべきものです。それが基本的な見方です。

エリツィンは日本を重視していた

美根:そしてもう1つ視点はプーチン大統領がいい交渉相手かということです。

木本:プーチンさんはトップダウンで決めてくれそうですけれど。

美根:ソ連が崩壊してエリツィンがロシア最初の大統領になりました。彼は日本を重視したし、北方領土を返す気がありました。意欲もやる気もあったけれど、残念ながら政治的な立場が不安定でした。ソ連が崩壊後の10年は経済がガタガタになり、国際会議で酔っぱらってふらついたりして、ひんしゅくを買ったりしました。政治的な力が足りませんでした。

木本:日本にとってはチャンスを逃したわけですね。

次ページ日本が今やるべきこと
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。