北朝鮮は米国の先制攻撃を本気で恐れている

TKO木本が外交のプロに直撃!

金第1書記はいったい何を恐れているのだろうか。2月撮影(2016年 ロイター/KCNA )
わたくし、TKO木本武宏がTKO(東洋経済オンライン)で、複雑な現代の世の中について学ぶ対談です。第3タームでは、何ともわかりにくい、東アジアの現在と未来について、外交官出身の論客、美根慶樹さんにお話をうかがいました。1回目は何とも不可解な国「北朝鮮」を巡る状況についてです。歴史を振り返りつつ、どこにポイントがあるかわかりやすく解説していただいて、またまたかしこになれましたよ~。

北朝鮮はなぜわかりにくいのか?

この連載の過去記事はこちら

木本:北朝鮮という国が、年明け以降、何度もニュースに登場しています。今ではお騒がせ国家というイメージですが、学校では、最初の指導者である金日成はマルクス主義に傾倒し、主義主張のはっきりした指導者ということで習った覚えがあります。

でも孫の世代になった金正恩の北朝鮮はおかしな国ですよね。まず、国民のためにある国なのか、金家のための国家なのか、そこがわからない。まずはそこから教えていただけますか。

美根:そこは最大の問題の一つです。北朝鮮は一言でいうと、わかりにくい国。「国の基本」のところで、我々日本人の考え方とえらく違います。

木本:といいますと?

美根:あの国は特殊な状況にあります。日本との国交もなく、閉鎖的な体制で、何が起こっているのかがわからない。

それでも分かることはあります。まず大前提として、日本との最大の違いはなにか。日本人のほとんどが日本という国が無くなるとは思っていないですよね? おそらくそう思っている国民は0.1%もいないでしょう。ところが北朝鮮では、朝鮮民主主義人民共和国という国が無くなるかもしれないという心配が常にあるのです。

木本:その心配をしているのは国民でしょうか。それとも指導者でしょうか。

美根:指導者です。国民は、無くなってもいいと考えているかもしれませんね。これは私の想像ですが、本心では、韓国のようになってもいいと思っている人が多いはずです。ただ、指導者たち、つまり指導体制、官僚、軍部という「統治」の側にいる人たちは恐れている。朝鮮民主主義人民共和国という体制が崩壊したら、おまんま食い上げどころか、今までやってきたひどいことをぜんぶ暴かれて粛清されてしまうかもしれないわけです。そんな心配をずっとしている。これは、日本人にはなかなか理解しにくい。

木本:指導者のテーマが「自分たちの生存」ということになっているんですね。

次ページ70年頃まで、金日成は盤石ではなかった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。