TKO木本、歴代首相の実像を御厨先生に学ぶ

「橋本龍太郎さんの功績は大きかった」

今回は、戦後の「日本の歴代首相」について学びます。
TKO木本武宏がTKO(東洋経済オンライン)に弟子入り。第2タームの最終回は、戦後歴代の首相についてです。スキャンダルでスグに退陣してしまった宇野宗佑さんから、今の安倍政権まで。引き続き、テレビでもおなじみの政治学者、御厨貴教授にお話を聞きました。静謐な空気の東大駒場キャンパスの歴史ある建物で、熱い講義を受けて、さらにかしこになれました?!

宇野首相のこと、覚えていますか?

この連載の過去記事はこちら

木本:歴代の総理大臣の功績を知りたいんです。田中角栄さんの話はよく聞きますし、本も読みました。じゃあ、たとえば宇野さんって何しはったんやろう?

御厨:宇野宗佑さんは、在任わずか2カ月でしたね。自民党が落ち目の時で、本来の候補ではなかったけれど、通産大臣も経験し、当時は外務大臣。欧米の常識では総理に何かあれば、外務大臣か大蔵大臣経験者が後に座るのは当たり前。ショートリリーフであれ、総理大臣は勤まるだろうと選ばれた。そのことじたいは間違っていない。問題はすぐにピンクスキャンダルに見舞われたこと。で、直後に参議院選挙だから、散々に叩かれた。

木本:最悪のタイミングだったと。

御厨:可哀想だったのは選挙戦でどこからも応援演説の声がかからず、ずっと首相官邸にいたこと。選挙の最中に首相が官邸にいるなんてことは普通ありえない。田中角栄なんて、ヘリコプターでさっと駆けつけてましたからね。

木本:「政権の顔」ですものね。

御厨:ピンクスキャンダルのオジサンで、別れ際悪くて、相手が手記出して致命傷に。本来ならば、一定の功績は上げられたはずです。

木本:たとえば中曽根さんの後で言うと、すごいのは宮澤喜一さん?

次ページ宮澤さんは究極の政局オンチだった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?