男性議員の育休宣言にイクメン議員から反論

働きながら子育てしてこそ分かることがある

国会議員の育児休暇への賛否両論が渦巻いている(写真:パレット/PIXTA)

男性の国会議員は育児休暇を取ることができるのか。自民党の宮崎謙介衆院議員の「育休」に対して賛否両論が渦巻いている。

宮崎氏は来年2月、自民党の金子恵美衆院議員との間に第1子が生まれる予定だ。宮崎氏と金子氏はともに2012年12月の衆院選挙の同期初当選組。188センチの長身の宮崎氏と2003年ミス日本関東代表の金子氏は、当初から行動を共にすることが多く、「お似合いのカップル」と噂された。今年5月に結婚したことを公表し、同時に金子氏の妊娠を発表。12月23日には安倍晋三首相や菅義偉官房長官らを招いて、盛大に披露宴を挙げた。

男性議員が育休を取った前例はない

宮崎氏は21日、自民党国会対策委員会に育児のために約1カ月の休暇を取りたいと伝えている。国会には育休の規定はなく、出産に関しては衆議院規則第185条②で「議員が出産のため議院に出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる」としている。ちなみに男性議員が育休を取った前例はない。

これについて自民党内は賛否両論だ。

まず谷垣禎一自民党幹事長が22日の会見で「出産と育児は概念が違う」と述べ、「議員の場合は被雇用者等々とは身分関係や業務が違う」と否定的だ。

次ページ他の議員からの意見は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。