北朝鮮は米国の先制攻撃を本気で恐れている

TKO木本が外交のプロに直撃!

木本:そんな事実があったんですね。知りませんでした。しかし、その理由はどこにあるのでしょうか。アメリカは北朝鮮と韓国を統一することで、中国と直接の国境を持ちたいのでしょうか。

美根:私は、その考えがあるのではないかと思います。ただ、それを積極的に望んだり、手出しをするかは別問題ですよ。もし情勢の変化で北朝鮮が無くなったら、アメリカは都合がいいと思うのではないかと思います。そうなるといろんな問題が解決すると思っている。

平和協定の交渉と、核・ミサイル放棄

木本:北朝鮮はその危険性をきちんとわかっている。だからこそ、アメリカからはっきりと「北朝鮮をずっと続けていいよ」と言ってほしいのでしょうか。

美根:そうです。平和協定の交渉をしたい。それを結べれば、お互いの存在を認めることになる。「つぶしたり攻めたりなんて考えもしません」という意味です。ですから平和協定はものすごい意味がある。

木本:国連かどの機関が適当かわかりませんが、アメリカに対して『もう北朝鮮を認めましょうよ』って、もっと強くアピールしたほうがいいんじゃないでしょうか。それが対北朝鮮対策になるんじゃないですか。

美根:ただ北朝鮮のイメージが悪すぎる。彼らの言動は信頼されない。北朝鮮は交渉をしたいと何回も言っていますが、アメリカは取り合わない。もし交渉したいなら核兵器とミサイルを廃棄しなさい。そうしたら対応しますよ、とはねつけている。

木本:結局そこになるんですね。

美根:ニワトリと卵の関係で、話が噛み合ない。どっちが先か? でややこしくなる。それが現状なんです。

木本:なるほど、よく理解できました。

(構成:高杉公秀、撮影:梅谷秀司)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。