就職志望先を絞り込むための5つのポイント

大学3年生が2~3月にやるべきこと<4>

プレエントリーが終われば、いよいよ会社説明会! 写真は2015年に開催された三井物産の就職説明会(撮影:風間仁一郎)

就職ナビサイトにプレエントリーが終わったら、会社説明会へ参加し、エントリー企業が自分に合った企業かどうかを検分してみて下さい。

もっとも、会社説明会への予約は、①プレエントリーと同時に行えるケース、②プレエントリー後に会社から説明会への招待メールが来て、そちらに予約することにより参加できるケース、③説明会への参加の前にエントリーシート(ES)の提出やWebテストの受験を指示され、それに合格した学生のみが説明会への参加が許されるケースの3通りがあります。

いずれにしてもこの時期は、学生が企業を選べる段階です。もう少しすれば、選ばれる立場になってしまいます。今回は企業を選ぶポイントについてお伝えします。ポイントとは「目標の魅力」「活動内容の魅力」「風土・人の魅力」「特権の魅力」「基本データの魅力」の5つです。

企業の経営理念を知ることは重要

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

■目標の魅力

まず、企業が創業時に何を目標にしていたのかを調べて下さい。創業の背景や経営理念を知ることはとても重要です。創業者がすでに亡くなっていたとしても、創業者の考えがその会社のDNAとなり、受け継がれているケースは少なくありません。

そして、今後の目標について知るためには、事業計画や経営戦略をチェックして下さい。検索エンジンに「〇〇会社の戦略」と入力すると、その企業の今後の戦略に関する記事を読むことが出来ます。

会社説明会で会社が目標を明確に語らない場合は、志望順位を下げた方がいいでしょう。明確な目標があれば、会社はそれを明らかにするはずです。説明会で言わないのは、目標がないということです。

次ページ活動内容の魅力に関するポイントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT