就活の筆記試験「SPI3」への正しい準備方法

大学3年生が2~3月にやるべきこと<3>

②小学校・中学校時代に習ったことが問われると言っても、試験形式(テストセンター、ペーパー、Web)によって、出題範囲が決まっています。出題傾向を知り、対策することにより、確実に点数をアップさせることが出来ます。
③SPI3の本番では、「正確性」と「スピード」が問われます。そのためには、「場数を踏むこと」と「試験の受け方」を工夫することが大切です。

言語能力検査では、「語彙力」と「読解力」が試されます。試験形式により多少の違いがありますが、「二語関係」「熟語の意味」「熟語の成り立ち」「語句の用法」「文の並び替え」「空欄補充」「長文読解」の7分野です。

まずは、できるだけ売れている対策本を一冊購入し、制限時間を意識して問題を解いて、自分の強み・弱みを把握して下さい。容易に正解できる分野の問題は放っておき、答えにくい分野の問題に絞って勉強して下さい。他のSPI3の問題集を解いたり、ネットから範囲別問題を購入したりして、繰り返し問題に当たるべきです。

「語彙力」に課題がある場合には、正しい語彙の意味を覚えてください。また、「読解力」に課題がある場合には、繰り返し問題を解くことで、コツをつかんでください。

ちなみに、昨年私がコーチしたある学生は自分の「語彙力」の課題を克服するために、「中学校」で習う語彙の「単語帳」を作り、意味を覚えることに努めました。その結果、言語能力検査でつまずくことが少なくなりました。

「5÷1/2」の答えは?

非言語能力検査では、「情報の整理」と「計算力・判断力」が試されます。問題の種類は、試験形式により違いがありますが、全ての試験に共通しているのは、「推論」「図表の読み取り」「集合」「順列・組み合わせ」「確率」「料金の割引」「損益算」「分割払い・仕事算」「速さ・距離・時間」の9分野です。

多くの企業が実施するテストセンター形式の試験では、「割合・比」「代金の精算」「資料の読み取り」「長文読み取り計算」の4分野が追加されます。非言語分野でも、早めに自分の不得意分野を特定し、その分野を繰り返し勉強することが重要です。

ちなみに、最近8人の就活生に「5÷1/2=?」の答えがすぐ出ますか?と聞いてみました。分数の計算は小学5~6年で習いますが、残念ながら、2人の学生は答えられませんでした。

次ページ「算数のおさらい」をすべき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT