最新!「新卒採用数が多い」200社ランキング

トップ10にはメガバンクなど金融勢が並ぶ

採用数トップは、みずほフィナンシャルグループ(撮影:梅谷秀司)

採用スケジュールの変更が大きな混乱を招いた2016年卒の就活。長期間に及ぶ就活を経た学生も、4月には晴れて社会へと巣立っていく時期だ。一方で、2017年卒の就活は早くも始まっている。

就活生の皆さんは、業界・企業研究によって、志望業界・企業を少しずつ絞っている段階だろう。ただ、進めていくと、同じ「会社」なのに、一社ごとの個性や特徴が見えてくるはずだ。なかでも、採用人数に大きな差があることに気付くだろう。では、どの会社がどれくらいの人数を採用しているのだろうか。今回は、『就職四季報2017年版』から「新卒採用数が多い」上位200社を紹介しよう。

採用数が多いのは金融とメーカー

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

東洋経済が1月に刊行した『就職四季報2017年版』(総合版、女子版、優良・中堅企業版が発売中)には、個別企業ごとの働きやすさを表す指標や選考情報について、アンケートベースで集計のうえ、掲載している。今回、掲載項目の中から、「修士・大卒採用数」をもとに、ランキングを作成した。

集計対象は『就職四季報2017年版』掲載の1260社のうち、「修士・大卒採用数」(2016年4月入社)に有効回答があった1208社。調査時点は原則2015年9月のため、会社によっては、その時点での内々定者数や、予定数の場合があることをご了承いただきたい。また、条件付き回答の場合、注釈欄に記した。

次ページメガバンクがトップ3を独占
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。