東大発のペプチドリームが切り開いた新境地

日本ベンチャー大賞受賞企業の横顔

安倍首相から表彰状を受け取るペプチドリームの窪田規一社長(左)

起業家のロールモデルとなるベンチャーを表彰する「日本ベンチャー大賞」の表彰式が、2月26日に首相官邸でとりおこなわれました。栄えある大賞として安倍晋三首相から表彰状を受け取ったのは、ペプチドリームの窪田規一社長。本稿では同社の挑戦と、7社の受賞企業について紹介します。

この連載の過去記事はこちら

日本ベンチャー大賞は、優れたベンチャー企業を首相が表彰し、「果敢に挑戦すること」を社会として称える制度です。

審査基準は、事業のビジョン、新規性、社会へのインパクトなどで、起業家の目標となるようなベンチャーを、経済界、有識者で構成される審査委員会(委員長:松田修一早稲田大学名誉教授)で選びます。

昨年の第1回では、ミドリムシで機能性食品や燃料油を製造し、世界の食糧問題、環境問題に挑むユーグレナが表彰されました。

本年の表彰式は2月26日に首相官邸で、安倍首相・林幹雄経済産業相の出席のもと行われました。

ペプチドリームが大賞に

安倍首相から大賞を受け取ったのはペプチドリーム。医薬品を製造する大学発ベンチャーで、2006年に創業し、2015年に東証一部上場、今では株式時価総額2000億円を超える企業に成長。世界の大手製薬企業に創薬プラットフォームを提供する形で対等に共同研究を進めています。

社名の由来となったペプチドは、アミノ酸の結合体でタンパク質を作る物質。ペプチドを使った医薬品は、効果が高く副作用が少ないことで注目されています。

次ページペプチドは最強の「運び屋」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT