14.3%--テレワーカーの割合(対雇用者)《気になる数字》


 ITを活用して、自分の所属する職場(部署)以外の場所で仕事をする人が増えている。国土交通省が全国の就業者を対象として今年初めに実施した調査によると、そうした、いわゆる「テレワーク」を週8時間以上行っている人は雇用者の14.3%を占め、2002年の5.7%、05年の9.5%から大幅に伸びている。総務省の「通信利用実態調査」でも昨年末時点で常用雇用者100人以上の企業の15.7%がテレワークを導入済みで、その割合は前年同期比で4.9ポイント上昇した。

だからといって時間や場所にとらわれない柔軟な働き方ができるようになったわけではなさそうだ。テレワークをしている理由(複数回答)を見ると、過半数が「業務・職務命令」を挙げ、2位は「業務効率・顧客サービスの向上」。一方、通勤時間削減による自由時間の増加や肉体的・精神的負担の減少、家庭生活や家族とのコミュニケーションの確保は数%から10%程度に過ぎない。

政府が「身障者・高齢者や子育て世代の就労を手助けし、少子高齢化社会の活性化の武器の一つ」に位置づけるテレワークだが、働く側が時と所を選べる環境がないと、企業側の意向が先行して労働強化の手段ともなりかねない。

テレワーカーの割合は、50歳未満の男性、経営者や管理職で特に高い。彼らにとっては“いつでもどこでも働かなければならない”厳しい状況が強まったと言えよう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。