293.6億円――「くまモン」利用商品の売上高

《気になる数字》 熊本県のPRキャラクター効果は?

3月12日生まれ、全身真っ黒で赤いほっぺ。とぼけた表情だが、熊本県営業部長の肩書を持ち、今や全国区の人気者、といえば誰のことかおわかりだろうか。答えは、熊本県のPRキャラクター、「くまモン」だ。ご当地ゆるキャラの中でも圧倒的人気を誇る。

この「くまモン」を利用した商品の売上高が、2012年の1年間に293.6億円に達したと熊本県は発表した。11年が25.5億円だったことから、11倍以上に増えたことになる。これは、民間企業・団体2112業者を対象に行った調査を集計したものだが、有効回答率が55%だったことから、実際の売上高はこの数字をさらに上回るものとみられる。

もともと九州新幹線全面開業PRのため誕生した「くまモン」は、熊本県内だけでなく県外でも積極的に展開された結果、11年の「ゆるキャラグランプリ」で1位となり、人気を不動のものとした。

商品に「くまモン」を使用したい場合は、熊本県に申請する。許可されれば、無料で使用できるとのことだ。人気の拡大とともに利用申請も増加し、今年1月末時点での利用許諾件数は8200件に及んでいる。

今や地域振興の重要な役割を期待されているゆるキャラは、全国で1000種類以上といわれる。ただ、成功例はそれほど多くはない。各自治体は第2の「くまモン」を狙い、キャラクター戦略に力を入れている。

■都市データパック

「住みよさランキング」でおなじみ、全国47都道府県の市・区ハンドブック。
豊富な社会・経済データと独自調査による多彩な地域情報で全国810市区を多面的に紹介。豊富な統計データもさらに充実。

紙版はこちら
データ版はこちら

(データ事業局・加藤千明=週刊東洋経済2013年3月23日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT