71.5%--現役世代と高齢者は対立していないと考える人の割合《気になる数字》

社会保障負担の世代間格差が話題になる中、現役世代と高齢者の間の意見の相違や対立関係について「対立していない」と考える人が71.5%を占めることがわかった。「厚生労働白書2012年版」の「社会保障に関する国民意識調査」によるもので、同調査は12年2~3月に全国3144人を対象に実施された。1999年に実施された同様の調査では「対立していない」は55.9%となっており、それから15.6ポイント増加している。

社会保障の負担のあり方については、全体では「高齢者と現役世代双方の負担増」が51.9%と最多数で、「高齢者に現在以上の負担を求めるべきでなく、現役世代の負担増」は15.0%にとどまった。だが、年齢階級別に見ると「現役世代負担増」は60~64歳17.2%、65歳以上18.3%と年齢が高くなるほど増加している。

自身の一生の給付と負担のバランスに関しては、全体では「負担した額よりもかなり少ない給付」が33.7%、「やや少ない」が23.8%、合わせて57.5%が“支払い超”になると意識している。これが25~29歳では80.2%、30~34歳81.9%と、若年層で特に高率となっている。

団塊の世代が高齢化しつつある一方、正規就業できない若年層は多い。対立を顕在化させないのはある種の社会的な美徳といえる。だが、世代間の公平性を欠いたまま社会全体の効率性向上や発展は達せられるのか、考えるべき点は多い。

(データ事業局「気になる数字」調査班 =週刊東洋経済2012年9月29日特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT