78.6%「女性社員の意識」を挙げた人事担当者

《気になる数字》女性活躍のための課題は?

女性社員の活躍を推進するうえでの課題に「女性社員の意識」を挙げる人事担当責任者が78.6%(上位3つ回答)で最も高いのがわかった。日本生産性本部が2012年8~10月に人事担当責任者またはダイバーシティ推進責任者を対象に実施した「コア人材としての女性社員育成に関する調査」による。

男性上司も、女性社員の意欲に物足りなさを感じている。「昇進や昇格することへの意欲が乏しい」(71.5%)、「難しい課題を出すと敬遠されやすい」(60.6%)が共に半数を超えた。

だが、これは期待の裏返しとも考えられる。「女性社員の活躍推進がされている状態」については、「職位に関係なく女性社員の仕事に対するモチベーションが高いこと」との回答が67.9%で最も高かった。女性社員の意識を高めるための取り組みも進みつつあり、「仕事の幅を広げるような異動や転勤などの機会を与えている」は55.4%と半数を超えた。メンター制度を導入している企業も、25.8%で3年連続増加している。

制度整備が進む中、問題は女性の意識ばかりでない。冒頭の活躍推進上の課題について「女性社員の意識」に続くのは、「管理職の理解・関心が薄い」(56.5%)、「育児など家庭的負担に配慮が必要」(56.0%)だった。男性が多数を占める管理職側の意識やワーク・ライフ・バランス対応にも大きな阻害要因がある。

 

■東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー

『週刊東洋経済』『会社四季報』『就職四季報』など、東洋経済の主要刊行物を収録。
大学図書館、公共図書館、キャリアセンター向け、記事・企業情報検索・閲覧サービ ス。
→詳しくはこちら

 

 

(データ事業局「気になる数字」調査班 =週刊東洋経済2013年2月23日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT