育休取得者数、トップは三菱UFJの1503人

育児休業取得者数トップ100

メガバンクを筆頭に金融機関が上位を独占する結果となった。今回は、2011年度の育児休業ランキングを紹介する。

育児休業を取得した人数が最も多かったのは三菱UFJフィナンシャル・グループ。1503人が取得、うち男性は198人だった。

次ページ制度充実が取得を後押し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。