育休取得者数、トップは三菱UFJの1503人

育児休業取得者数トップ100

イクメンも増えるが依然少数派

男性の育児休業取得者も増えている。1人以上育休の男性社員がいる会社は315社、10人以上の会社は58社ある。パナソニック574人、マツダ333人、ソニー324人、シャープ273人などが上位だ。

ただ、いずれの会社も男性取得者が女性取得者を上回る。これは、育児目的の短期休暇が含まれる(パナソニック)など短期取得者が多いためだ。

女性は、出産後8週間は産後休暇が義務付けられているが、男性は出産後すぐに育児休業を取得できる。男性の取得は妻の産休中に数日から1週間といった短期型が少なくない。実態はお手伝い程度といったところだろう。

取得者ゼロの会社も575社と依然として多数派。男性の育休取得はまだまだのようだ。

■CSR企業総覧

企業評価の新たな視座として浸透してきたCSR(企業の社会的責任)。上場企業をはじめ有力1128社におけるCSRの取り組みを、国内最大規模のデータベースから各企業個別に紹介した、日本で唯一の刊行物。

紙版はこちら
データ版はこちら
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。