育休取得者数、トップは三菱UFJの1503人

育児休業取得者数トップ100

制度の充実で取得を促進

首位の三菱UFJフィナンシャル・グループの育児休業期間は、最長2年と法定の最長1年6カ月よりも半年長い。産休は産前26週間、産後8週間可能で、休職前、復職前面談制度などのサポート体制も整備している。こうした充実した制度も後押しし、取得者は09年度の450人から急増し、首位となった。

2位はみずほフィナンシャルグループの1185人。育休は子どもが2歳になるまで取得できる。産休・育休開始前には人員手当て・役割見直し等を実施。育休者向けのWebコミュニティサイト設置や復帰前のセミナー実施など、スムーズな職場復帰ができるように考えられている。

続いて3位が日本生命保険で1054人、4位が第一生命保険889人と金融機関が並ぶ。ここまでは昨年とまったく同じ順位だった。

そして、5位にようやく製造業のパナソニックが876人で登場。以下、6位三井住友フィナンシャルグループ(677人)、7位明治安田生命保険635人と上位は金融機関がほぼ独占している。

金融機関は女性社員も多く、出産退職が多くなると戦力ダウンとなる。そのため切実な問題として取り組んでいる会社が多いようだ。

次ページイクメンも増えつつあるが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。