「畳の上で死ねない人」のための棺桶があった

アイデア次第で伝統産業は息を吹き返す

さまざまな特殊畳を作っている極東産機の頃安雅樹社長。手にしている「おくりたたみ」とは?

お風呂場の床に畳が敷いてあります。兵庫県の温泉旅館です。よくお風呂場のタイルの床で滑ってけがをする方がいますが、畳ですと足に馴染んで、そんな心配は要りません。冬は、畳というだけで暖かい気もします。

でも、濡れたらまずいんじゃないの?と思うでしょう。確かに従来の畳は、表面にい草、そしてその下に木質繊維板が貼ってあり、いずれも水に濡れると腐ったりカビの原因になります。しかしこの風呂場用畳は、水をはじく樹脂で作られており、濡れても腐りません。これなら、お風呂場だけでなく、プールサイドでも敷き詰めることができます。

「特殊畳」に乗り出したワケ

この連載の過去記事はこちら

こうした特殊畳を作っているのが、兵庫県たつの市の極東産機です。「産機」と名前がついているように、もともとは、畳を作る機械のメーカーでした。昭和38年には、全自動畳床製造機を開発し、全国的に大きく躍進を遂げた会社です。

しかし、生活の洋風化が進み、日本の住宅もフローリングやカ-ペットが主流となってきました。畳の需要は激減しています。当然、製造機械の受注も先細りです。

それならば、機械を売るだけでなく、自分たちで特殊畳を作って売って行こう。極東産機の頃安雅樹社長はそう考えました。

次ページほかにどんな畳があるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。