「畳の上で死ねない人」のための棺桶があった

アイデア次第で伝統産業は息を吹き返す

さまざまな特殊畳を作っている極東産機の頃安雅樹社長。手にしている「おくりたたみ」とは?

お風呂場の床に畳が敷いてあります。兵庫県の温泉旅館です。よくお風呂場のタイルの床で滑ってけがをする方がいますが、畳ですと足に馴染んで、そんな心配は要りません。冬は、畳というだけで暖かい気もします。

でも、濡れたらまずいんじゃないの?と思うでしょう。確かに従来の畳は、表面にい草、そしてその下に木質繊維板が貼ってあり、いずれも水に濡れると腐ったりカビの原因になります。しかしこの風呂場用畳は、水をはじく樹脂で作られており、濡れても腐りません。これなら、お風呂場だけでなく、プールサイドでも敷き詰めることができます。

「特殊畳」に乗り出したワケ

この連載の過去記事はこちら

こうした特殊畳を作っているのが、兵庫県たつの市の極東産機です。「産機」と名前がついているように、もともとは、畳を作る機械のメーカーでした。昭和38年には、全自動畳床製造機を開発し、全国的に大きく躍進を遂げた会社です。

しかし、生活の洋風化が進み、日本の住宅もフローリングやカ-ペットが主流となってきました。畳の需要は激減しています。当然、製造機械の受注も先細りです。

それならば、機械を売るだけでなく、自分たちで特殊畳を作って売って行こう。極東産機の頃安雅樹社長はそう考えました。

次ページほかにどんな畳があるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。