日新化成工業の「動物園経営」がユニークだ

社長は蜜蜂、社員はコンドルやポニーに

スピードが自慢のポニー田中さん。プラカードには行動目標と動物の写真

日新化成工業は、発泡スチロール製品を日本で最初に生産するなど、約60年の歴史を誇る発泡プラスチック成形メーカーです。

こちらの全社運動がユニークなんです。職場を動物園に見立てて、「Nissin Zoo」運動を展開しています。社長の片岡洋一さんは、入社するまで高校の理科・生物の先生でした。その経験を生かして、自然界を参考にした「生物経営」をやってみよう、と思い立ったのです。

キャッチフレーズは、「Nissin Zooは不思議いっぱい」です。社員全員、キャラクターネームを持っています。園長である社長は、蜜蜂です。

「わが社のことを好きになってくれるお客さんを求めて飛び回ります。そんなお客さんを見つけたら、8の字ダンスよろしく、社員に伝えます」

動物に見立てて行動目標を設定

この連載の過去記事はこちら

鋭い目でクライアントという獲物を探すコンドルや、小さいけれどスピードが自慢のポニーなど、社員が自らを動物に見立てて行動目標を設定しています。今年は動物だけでなく、忍者も誕生しました。撒菱(まきびし)や手裏剣のような他人が使わないツールでパソコンを駆使し、密かに素早く仕事をこなすことを誓っています。

会社の人事で、皆さん悩まれるのが「目標管理制度」という代物です。

営業成績○%アップ、事務経費○%減、部下の育成、種々の資格獲得などなど……。人事部に言われるまま年初に何とかひねり出しますが、だいたいは中間期や年度末の人事評価時期まで、すっかり忘れています。新聞社時代のボクがそうでした。何のための目標管理制度かいな、とよく思ったものです。

次ページ「動物目標管理制度」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT