コスメブランド「LUSH」が変身を遂げた内幕

うるさい若者から、思慮深い大人への成長

コスメブランド「ラッシュ」が成長を続ける理由とは?
当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

世界的な成長を続けるコスメブランド「ラッシュ」。彼らの成功の秘密は、3年前に行った大きなブランドの方向転換にあった。来日したブランド・コミュニケーション・ディレクターであるジャック・コンスタンティンに話を聞いた。

「ラッシュを人間に例えると、統合失調症ですね(笑)。ひとつのことを言ったかと思ったら、次の瞬間はまったく別のことを言い始める、といったふうな。パーティーに行けば大抵ひとりは、ものすごくうるさい人がいるでしょう。思わず避けたくなるような。今までのラッシュはそんな人でした」

そう笑って語るのは、ブランド・コミュニケーションを統括するジャック・コンスタンティンだ。創業者であるマーク・コンスタンティンの次男でもある彼が、ここ3年注力しているのが、そういったネガティブなイメージを払拭することなのだという。

急速なビジネスの成長の過程で見過ごされたもの

「日本を含む海外展開をするなかで、急速な成長にいつしかブランド自身がついていけなくなりました。ちょうど3年ほど前からブランドのメッセージがぶれ始めたのです。今年でブランドが誕生して20年目ですから、ちょうど人間でいうと17歳という思春期のような多感な時期です。そんな大人になろうとするタイミングで、WHO WE ARE(私たちは誰なのか)、WHAT OUR STRENGTH IS(私たちの強みはなにか)といったことを、より洗練された方法であらためてコミュニケーションしていこうと決めたのです。人によっては、店舗のイメージやバスボムから「LOUD AND SMELLY(うるさくて匂いがキツイ)」といったイメージがありました。それは、好きな人は好きだけど、嫌いな人は嫌い、といった『LOVE-HATE RELATIONSHIP』のようなものでした」

次ページイメージ改革のために取ったラッシュの選択とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT