コスメブランド「LUSH」が変身を遂げた内幕

うるさい若者から、思慮深い大人への成長

コスメブランド「ラッシュ」が成長を続ける理由とは?
当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

世界的な成長を続けるコスメブランド「ラッシュ」。彼らの成功の秘密は、3年前に行った大きなブランドの方向転換にあった。来日したブランド・コミュニケーション・ディレクターであるジャック・コンスタンティンに話を聞いた。

「ラッシュを人間に例えると、統合失調症ですね(笑)。ひとつのことを言ったかと思ったら、次の瞬間はまったく別のことを言い始める、といったふうな。パーティーに行けば大抵ひとりは、ものすごくうるさい人がいるでしょう。思わず避けたくなるような。今までのラッシュはそんな人でした」

そう笑って語るのは、ブランド・コミュニケーションを統括するジャック・コンスタンティンだ。創業者であるマーク・コンスタンティンの次男でもある彼が、ここ3年注力しているのが、そういったネガティブなイメージを払拭することなのだという。

急速なビジネスの成長の過程で見過ごされたもの

「日本を含む海外展開をするなかで、急速な成長にいつしかブランド自身がついていけなくなりました。ちょうど3年ほど前からブランドのメッセージがぶれ始めたのです。今年でブランドが誕生して20年目ですから、ちょうど人間でいうと17歳という思春期のような多感な時期です。そんな大人になろうとするタイミングで、WHO WE ARE(私たちは誰なのか)、WHAT OUR STRENGTH IS(私たちの強みはなにか)といったことを、より洗練された方法であらためてコミュニケーションしていこうと決めたのです。人によっては、店舗のイメージやバスボムから「LOUD AND SMELLY(うるさくて匂いがキツイ)」といったイメージがありました。それは、好きな人は好きだけど、嫌いな人は嫌い、といった『LOVE-HATE RELATIONSHIP』のようなものでした」

次ページイメージ改革のために取ったラッシュの選択とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT