元資生堂の赤字化粧品ブランドは甦るか

衝動買いを誘う「アインズ&トルペ」の実験

「アインズ&トルペ」の新宿東口店の店内。ドラッグストアと言いながら、食品や日用品はなく、多くが化粧品だ

新宿駅東口の一等地にそびえ立つビルに、およそ400坪もの巨大ドラッグストアが出現した――。その名も「アインズ&トルペ」新宿東口店。調剤薬局最大手のアインファーマシーズ(本社・札幌市)が展開するドラッグストアチェーン店だ。

75店と270人の社員を引き継いだ

広大な店内を占める商品2万点のうち、およそ7割を化粧品が占める。一般的なドラッグストアにおける化粧品の割合が約2割だから(経済産業省調 べ)、同店は化粧品特化型ドラッグストアと言える。目標年商は1店舗で36億5000万円。7月25日のオープン以来、流行に敏感な若い女性客で賑わって いる。

店舗の入口を入ると、まず目に映るのが、化粧品ブランド「アユーラ」のカウンターだ。2階には「アユーラカフェ」もあり、ブランドコンセプトに合うお茶や、ジェラートを味わうことができる。同ブランドは店イチ押しのブランドである。

実はこのアユーラ、アインファーマが8月31日付けで買収した、元資生堂の化粧品ブランド(買収額は非公開)。同ブランドを展開する、「アユーララボラトリーズ」の270人の社員と、百貨店に出店する75店舗は、そのまま引き継いだ。従来の販路である百貨店と通販に加え、一部のアインズ&トルペにも投入する予定だ。目指すは化粧品のSPA(製造小売り)。当面はそのまま、資生堂の工場での生産を続け、いずれ化粧品メーカーに生産を委託する。

次ページ資生堂はなぜアユーラを売却したのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。