元資生堂の赤字化粧品ブランドは甦るか

衝動買いを誘う「アインズ&トルペ」の実験

「アインズ&トルペ」新宿東口店。アインファーマは調剤薬局からドラッグストアへと食指を伸ばした

計画達成のため、アインファーマがとった戦略は、「100%女性客」の店作り。出店は働く女性が会社帰りに寄れる都心部だ。洗剤などの日用品は一切排除し、粗利率の高い化粧品を充実させる。時間をかけて回遊できる広い店舗で、”衝動買い”を誘う狙いである。まず新宿東口店では、化粧品を試せるカウンターを充実させた。

武器となるのがPB化粧品だ。2006年から、プレミアム価格帯でPBの化粧品ブランドを展開、現在は売上高の10%近くまで成長させたマツモトキヨシによれば、化粧品でPBを作る強みは、「参入障壁の低さと景気に左右されにくい点」(同社商品戦略室)という。

アユーラにはすでに世界観がある

アインファーマが手に入れたアユーラには、創業以来21年間で構築された世界観が既にあり、イチからブランド力構築に励む必要はない。今後も同様のM&Aは続けて行く方針。あわせて、自社企画のPBブランドも投入することで、PBの売上構成比率30%超を目指す。

8月に発表された、アインファーマの7月のドラッグ事業の業績は、売上高で前年同月比18%増、客単価で同12%増という堅調さだった。既存店売上高が改装で大きく伸びたことが寄与した。8月以降は新宿東口店の売上高も加わる。戦略は足元で確実に実を結んでいる。9月12日には本拠地である札幌で、450坪の大型店をオープンさせる予定だ。現在は、銀座周辺で500坪規模の出店をしようと、物件探しの最中である。

アインファーマの大谷喜一社長はドラッグ事業の出身。35年間、なかなか立ちゆかないドラッグ事業で、辛酸をなめ続けた。「アインズ&トルペ」が飛躍できるかどうか、元資生堂ブランドの浮沈が大きく左右しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT