老舗の下町工場、町を離れたら元気になった

田舎に移転すれば、社員もハッピーに

事務所内はグリーン化が進んでいる

大阪市福島区のモノづくりの企業が、社員200人を引き連れて淡路島へ移転しました。淡路島の本社工場、外観がオシャレです。まるで米国のベンチャー企業のような雰囲気です。

巨大なパイプに見える滑り台。すんなりと1階に着地します

事務所に入ってまず目につくのが、2階から1階に取り付けられた巨大なパイプです。これ、2階の食堂から1階の事務所に一気に降りる滑り台です。

ボクも中に入って滑ってみました。ちょっと怖かったですが、意外とスピードが出ず、すんなりと1階に着地しました。楽しいです。面白いです。これなら、食後すぐに滑っても、消化に悪いこともなさそうです。

滑り台で食堂から事務所へ

食後は、滑り台で事務所まで!

そして、ここの食事も社員に大好評です。海を見ながら食事ができます。

食事の内容も、玉ねぎの白みそ煮、新鮮なお魚、そしてたこ飯など、地元の食材を利用して「日本一楽しく、おいしい」社員食堂を目指しています。

海外の料理研究家、シェフを招くイベントも開催を予定しているそうです。「これまでの冷えた弁当とは大違い」と社員は口をそろえます。

次ページ執務スペースも広々
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT