老舗の下町工場、町を離れたら元気になった

田舎に移転すれば、社員もハッピーに

事務所内はグリーン化が進んでいる

大阪市福島区のモノづくりの企業が、社員200人を引き連れて淡路島へ移転しました。淡路島の本社工場、外観がオシャレです。まるで米国のベンチャー企業のような雰囲気です。

巨大なパイプに見える滑り台。すんなりと1階に着地します

事務所に入ってまず目につくのが、2階から1階に取り付けられた巨大なパイプです。これ、2階の食堂から1階の事務所に一気に降りる滑り台です。

ボクも中に入って滑ってみました。ちょっと怖かったですが、意外とスピードが出ず、すんなりと1階に着地しました。楽しいです。面白いです。これなら、食後すぐに滑っても、消化に悪いこともなさそうです。

滑り台で食堂から事務所へ

食後は、滑り台で事務所まで!

そして、ここの食事も社員に大好評です。海を見ながら食事ができます。

食事の内容も、玉ねぎの白みそ煮、新鮮なお魚、そしてたこ飯など、地元の食材を利用して「日本一楽しく、おいしい」社員食堂を目指しています。

海外の料理研究家、シェフを招くイベントも開催を予定しているそうです。「これまでの冷えた弁当とは大違い」と社員は口をそろえます。

次ページ執務スペースも広々
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。