老舗の下町工場、町を離れたら元気になった

田舎に移転すれば、社員もハッピーに

事務所内はグリーン化が進んでいる

大阪市福島区のモノづくりの企業が、社員200人を引き連れて淡路島へ移転しました。淡路島の本社工場、外観がオシャレです。まるで米国のベンチャー企業のような雰囲気です。

巨大なパイプに見える滑り台。すんなりと1階に着地します

事務所に入ってまず目につくのが、2階から1階に取り付けられた巨大なパイプです。これ、2階の食堂から1階の事務所に一気に降りる滑り台です。

ボクも中に入って滑ってみました。ちょっと怖かったですが、意外とスピードが出ず、すんなりと1階に着地しました。楽しいです。面白いです。これなら、食後すぐに滑っても、消化に悪いこともなさそうです。

滑り台で食堂から事務所へ

食後は、滑り台で事務所まで!

そして、ここの食事も社員に大好評です。海を見ながら食事ができます。

食事の内容も、玉ねぎの白みそ煮、新鮮なお魚、そしてたこ飯など、地元の食材を利用して「日本一楽しく、おいしい」社員食堂を目指しています。

海外の料理研究家、シェフを招くイベントも開催を予定しているそうです。「これまでの冷えた弁当とは大違い」と社員は口をそろえます。

次ページ執務スペースも広々
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。