老舗の下町工場、町を離れたら元気になった

田舎に移転すれば、社員もハッピーに

確かに、海は見えるし、スポーツはできるし、楽しそうですが、実際のところ、社員さんは最初、戸惑ったんではないやろか。そんな疑問を社員さんにぶつけてみました。

「確かに最初は、どうしようか迷いました。転職も考えました。でも、嫁さんが行ってもいいと言ったので、こちらに来ることにしました」と技術部の社員さん。ただ最終的には、子供さんが友達と離れたくない、ということで、単身赴任になりました。

単身者の家族が泊まれるゲストルームも用意

広いゲストルームも用意

そんな社員のために社員寮を準備。ロッジ風の建物にはサウナ室も完備しています。単身者の家族が気軽に泊まれる広いゲストルームも用意しました。

朝と夜は、寮に併設された食堂で食事できます。インドアのゴルフ場、ビリヤード、ダーツ、さらにはホームシアターまでそろっています。

種々の事情で、200名の社員のうち10名ほどは転職したそうです。でもほとんどの社員は、50キロ離れた淡路での本社勤務を選びました。半分が単身赴任、半分は2時間ほどかけて通勤しているそうです。

古市尚社長は海外経験が豊富だ

古市社長は海外経験が豊富で、ミシガン州立大学日本同窓会の幹事や、大阪日米協会の理事などもされています。その国際的感覚から、この移転を決断したと言います。

「米国の企業では遊びの中で仕事をしています。日本の若い人にも、楽しい環境と仕事を共感してもらい、研究開発のレベルアップをしてもらいたい。そして、自然と共生しているという企業運営のハードを発信して、将来的な人材確保にもつなげたいと思っています」

大阪の町工場が淡路の街づくりに貢献し、地方創生のモデルになろうと頑張っているのです。新天地で、若い力が当社のビジネスを力強く引っ張って行ってほしいと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング