社長を「社員投票」で選出すると何が起きるか

究極のボトムアップで元気経営を実現

社長を社員による選挙で選ぶ会社・日本石材センター。名誉会長の明石恒重さん(左)と、実際に投票で選ばれた現社長の若狭昌毅さん(右)

社長を、社員さんの選挙で選ぶ会社があります。

「ええーっ、そんな人気投票みたいなことで、うまくいくんかいな」

上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

最初この話を聞いた時、率直にそう思ってしまいました。ボクが小学校に行っていたはるか昔、クラス委員などは確かに投票で選んでいましたが、それは教室内でのこと。こちらは実際の会社の話です。社員の気分次第で選ばれた人が、会社経営をきちんとできるんやろか、と心配になってしまいます。

そんなボクに、この会社の名誉会長の明石恒重さんはこう言い切りました。

「私が後継者を選ぶと、どうしても私情が混ざります。それよりも、社員全員で選出した方が、よい人材を発掘できるんです」

現社長の若狭昌毅さんも、こうした投票で社員から選出されました。そしてこの方法で、会社は躍進を続けています。そこには、ボトムアップで会社を運営するうまい仕組みがありました。

ボトムアップ推進の社内憲章

このユニークな会社は石材輸入の専門商社で、日本石材センターと言います。創業者の明石名誉会長さん、自ら、「社内憲章」を作りました。

「歴史を見ても、私利私欲が失敗の原因になっています。だから有言実行で作ったのがこの憲章です」
感謝・誠実・融和の精神に徹し、会長・社長といえども公私混同は許さない、と明記されています。そして次期社長は社内から選出する、と定めました。

次ページボトムアップの効果とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT