岐阜発「楽園企業」は、社員旅行も豪華すぎる

社内「写真コンテスト」の賞品もヤバい!

ベネチアの夜景。こんな景色を「全額会社負担」で楽しめる会社がある(写真:Iakov Kalinin / PIXTA)
「残業が日本一少ない」「休みが日本一多い」「売上目標や営業ノルマがいっさいない」――そんな「日本一『社員』が幸せ」といえる会社がある。岐阜県にある電気・設備資材メーカー、未来工業だ。
同社は室内にある電気スイッチを壁の内外から覆う製品「スライドボックス」などを製造しており、国内トップシェアを誇る。2010年には、第1回「日本一大切にしたい会社」大賞も受賞している。
同社創業者の山田昭男氏は昨夏、惜しまれながら他界した。その山田氏の遺作となった最新刊『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』は、今、注目を集めている。
最新刊の発売を記念し、山田氏を長年取材してきたルポライターによる「楽園企業」の謎に迫る連載をスタートする。「うらやましすぎる職場」をリポートしつつ、「なぜ会社はそこまで社員を大切にするのか?」という理由を探っていきたい。
最初のテーマは「社員旅行」。ため息がもれる「豪華さ」と、耳を疑う「常識外れ」ぶりについて紹介しよう。

世界遺産52カ所をめぐる豪華13コース

日本一“社員”が幸せな会社をつくった男の集大成! 未来工業創業者で名物社長、故・山田昭男が残した87の言葉を、図やイラストを加えてわかりやすく解説。「未来工業と山田昭男のすべてが1冊でわかる」「読めば仕事も人生も楽しくなる」と話題の1冊!

「社員旅行の行先がイタリア? しかも総額2億円は会社持ち!?」

そんな話を聞けば、「今どき、そんな気前のいい会社がホントにあるの?」と思う人も多いのではないだろうか。

社員旅行自体が下火になる中、岐阜県にある未来工業は、そんな豪華旅行を5年置きに実施している。費用は「全額、会社負担」。宿泊先も「4つ星ホテル以上」が前提だ。

創業50周年に当たる今年の訪問先は、イタリア。

イタリア国内の52の世界遺産を網羅する全13コースが用意され、社員は一人ひとり好きなコースを自由に選べる仕組みになっている。

今回はいちばん人気が「水の都」ベネチアのコース。「世界最大の仮装パーティ」で有名なカーニバルの開催日と、旅行期間が重なったからだ。

しかし、これだけで、うらましがるのはまだ早い。

なんと、未来工業の社員旅行には「驚くべき豪華賞品」が付いてくるのだ。

次ページ2位賞品が「有給休暇1年間」。第1位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT