岐阜発「楽園企業」は、社員旅行も豪華すぎる

社内「写真コンテスト」の賞品もヤバい!

今回の社員旅行では、「社内写真コンテスト」が実施された。

社員が現地で撮影した写真を応募。帰国後に社内で行われる審査会で選ばれると、「驚くべき常識外れ」の豪華賞品をもらうことができる。

写真コンテストの2位賞品が「有給休暇1年間」

第5位までの“豪華”すぎる賞品は、以下のとおりである。

第1位 新会社を設立し、社長に就任できる権利

新規事業会社を立ち上げて、そこの社長に就任できる権利。

第2位 有給休暇を実質1年間取得できる権利

年間休日140日と有給休暇40日に、特別休暇180日を加えて約1年間の有給休暇を取れる権利。ただし、分割取得はできない。

第3位 有給休暇を50日取得できる権利
第4位 社長に豪華夕食をごちそうになる権利
第5位 1年間、週休3日制にできる権利

現状の週休2日制に、さらに1日を加えて連続で休める権利。

 

 

もちろん上記の賞品を獲得したとしても、「権利を実行する」かどうかは別問題。8月末時点で、実際に権利を行使したのは、第5位の「週休3日取得権」を得た社員だけらしい。

しかし、無料の社員旅行で、しかも写真コンテストの賞品がこれだから恐れ入る。

いったい未来工業は、なぜ社員のためにそこまでやるのだろうか?

次ページ社員を喜ばせる「アメ・アメ・アメ」作戦
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?