西海岸帰りのIT経営者が「食堂」に挑むワケ

食には無限の可能性が眠っている!

温かいおかずは温かく、冷たいものは冷たく食べられる工夫がなされている
上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

IT企業を経営しながら、中小企業に新しい形の社員食堂を提案している女性社長がいます。Smiley(スマイリー)の矢津田智子社長です。

ITと社員食堂って、ちょっと不思議な組み合わせですよね。ところが、ITと食堂を結びつけるものがあるのです。

シリコンバレーに乗り込んだ

Smiley(スマイリー)の矢津田智子社長

謎を解くカギは、持ち前のウーマンパワーと、加えて女性ならではの優しさにあります。

矢津田社長は、最初、ベンチャー企業で初期のプリクラを開発。その後転職して、大手企業でネット系ソフトの開発などをしていました。その会社が他の企業の傘下に入ることが決定したので、それを機に、現在のIT会社AIVICKを京都市南区に立ち上げました。

順調に売り上げを伸ばしていましたが、2008年のリーマンショックで売り上げが激減。でも悩みは、業績だけではありませんでした。矢津田社長の頭を悩ませていたのは、経営とはどうすればいいのか、会社はそもそも何のためにあるのか、といった根本的な疑問だったそうです。

そこで矢津田さん、どうせ悩むならITの本場で悩もう、と一念発起して単身渡米したそうです。この発想、なかなかボクたち男どもからは出てきません。女性ならではの思い切りのよさだと思います。

次ページシリコンバレーでは何をしたか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT