「本社は鉄筋ビル」という常識は間違っている

住宅仕様にすると、良いことがいっぱい

滋賀県長浜のシガウッドの新社屋

「この本社事務所はショールームのようなもの。多くの人に体感して欲しいんです」

そう言うのは、シガウッド社長の高橋文夫さん。2014年11月に竣工した滋賀県長浜のシガウッドの新社屋は、断熱材や複層ガラスを縦横に使って、高気密と高断熱を実現しました。

建物内に一歩足を踏み入れると、木の香りと共に微かな空気の流れを感じます。何というか、会社の中というより、高原のペンションに来たような感じ。靴を脱いで事務所に入り、木造りの床を歩くと、その温もりが足に伝わってきます。

断熱材のよさは体感がいちばん

上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

従業員65人、年商16億3000万円(2015年6月期)のシガウッドは、2×4住宅パネルの年間出荷量で滋賀県随一、東海エリアでもトップクラスの実績を誇ります。木材と2×4工法の特長を余すところなく取り入れ、延べ床面積170坪、2階建ての新社屋を作り上げました。自社スタッフと協力大工の手造りで、総工費は約1億円だったそうです。人件費が割安だったとはいえ、「本社の建設費がこのお値段。お安いやん!」と思いました。

「北海道の住宅以上の断熱効果があります」(高橋社長)。外付けブラインドで外光を調整、冷房は一般住宅の8畳用ルームエアコン3台、暖房は床下設置のエアコン5台で済みます。事務所全体に穏やかな空気が流れて、温度をコントロールしています。

長浜は、冬はけっこう寒く、外気は平均で3℃ぐらいになります。でも断熱効果のおかげで、広い事務所も平均22℃の快適さです。夏冬合わせて、電力も75%削減できたそうです。

次ページあったか事務所を体感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。