許せない!悪徳リフォーム業者の卑劣な手口

あなたの親も狙われているかもしれない

悪徳リフォーム業者の汚い手口を暴く、「住宅Gメン」とはどんな人たち?(写真 : Graphs / PIXTA)
なぜ、そうなっているのか分からない。TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』は、そんな世の中の様々な「なんで?」と思う事件、事故などを再現ドラマとして紹介し、納得の理由を探る番組だ。

12月7日(月)よる7時からの次回放送「正義の仕事人2時間SP」で取り上げるテーマの一つが、悪徳リフォーム業者の汚い手口を暴くスペシャリスト「住宅Gメン」だ。高齢者を中心に被害が後を絶たない悪徳リフォームに対抗する住宅Gメンとはどんな人たちなのか。番組の制作に当たって取材班が話を聞いた住宅Gメンの田中勲さんの下に寄せられたある相談を具体的なケースとして、悪徳リフォームの実態を紹介しよう。

6倍に膨れ上がったリフォーム代金

リフォームの見積もりは、いつの間にか6倍に膨れ上がっていた。

11月上旬、ある地方都市の一軒家に住む70代女性の佐藤ハツさん(仮名)の下にA社を名乗る会社の男が訪ねて来た。「隣の家の屋根を修理していたら、佐藤さんのお家の屋根がとても傷んでいるのを見つけました。早急に直さないと雨漏りしてしまうでしょう。当社で工事をやらせてもらいますよ」。

提示された屋根の修理代は500万円。佐藤さんは金額の大きさに驚いて、その話を断った。A社の男は資料を置いてあっさりと引き下がった。

3日後、別のB社を名乗る会社の男が、佐藤さんの下を訪ねて来た。「リフォームのモニターをやってくださる家を探しています。施工例として紹介する代わりに、通常よりも割安な金額でやらせてもらいます。よろしければ、まず無料で点検しますよ」。

次ページ佐藤さんの回答は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。