実家の相続、共有だけは絶対やめなさい!

「兄弟でとりあえず共有」が骨肉の争いを生む

実家の相続をきょうだいで共有してはいけないのはなぜでしょうか?(写真:YNS / PIXTA)
近年、「実家」にまつわる問題で悩む人が増えている。親の死後、残された実家や土地の処分で慌てないためにできること、しておくべきことは何か。『実家の処分で困らないために今すぐ知っておきたいこと』(かんき出版)著者で、不動産全般のコンサルティングを行う一方、一般社団法人相続支援士協会の理事を務める不動産売買のエキスパートである筆者が、実家にまつわる悩みを解決すべくアドバイスする。

 

相続争いが発生したN家のケース

誰もが、自分の家族が相続で揉めるなどとは思っていません。「小さいころから仲良くしてきたんだから、うちに限って……」、そう思っているはずです。あなたも、そう思っているのではないでしょうか。

しかし、どんなに仲の良いきょうだいでも、いざ相続となると揉めることはあるのです。

最近相続が発生したN家の例をお話ししましょう。

N家は、長女と次女、そして長男という家族構成です。昔から、きょうだいの仲は良く、大人になってからもそれぞれの家を行き来するなど、いい関係を築いていました。誰もが、揉めることなどまったく頭になかったため、これまで相続に関する話もしたことがありませんでした。しかし、こんなN家にも相続争いが起こってしまったのです。

N家は、8年前にお母さんが亡くなったため、長女の家族が実家でお父さんと同居していました。そして、2年前お父さんが亡くなったことで相続が発生しました。

次ページ絶対にやってはいけない財産の共有
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT