「畳の上で死ねない人」のための棺桶があった アイデア次第で伝統産業は息を吹き返す

印刷
A
A

代表的なのが、壁紙に自動的にのりを付ける自動機です。現在でも、9割近くのシェアを確保するヒット製品です。カーテン製造機、襖製造機なども開発しました。

さらにはコンピュータシステムにも取り組み、JAとタイアップした畳のリフォーム事業や太陽光発電事業にも参入しています。

まずはやってみよう!の精神で新商品が続々

社内では「まずはやってみよう!」の精神が脈々と流れています。製品会議はいつも白熱。

「ベランダにそのまま出られるよう、畳を敷き詰めてはどうか」

「海水浴場に持って行って、その上でゲームをするのも楽しいぞ」

社長も社員もない、ひとつテーブルでさまざまなアイデアを出し合います。

その会議の中から、特殊畳の分野では現在年間10種類前後の新商品が開発されています。トレンドを読み、介護問題、異常気象、高齢化社会などに対応する畳が次々と誕生。時代、環境に対応しながら進化を続けているのです。

次はどんな畳が出て来るのか楽しみです。われわれ日本人にとっては、世界に誇る畳文化を守ろうとしている、実にありがたい畳屋さんでした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT