最後の大桶職人が抱く「木桶文化」存続の焦燥

"本物のしょうゆ"は消えてしまうのか

藤井製桶所では、30石の大桶が造られている最中だった

「ど~ん」――。耳をつんざく重低音の大音響が腹に響く。大桶製造のクライマックス、底板はめ込みの現場だ。

「やーそれやんさー」。文字に表すとすればこんな感じか。不思議な言葉と抑揚を付け、大桶の縁に立った2人が「さー」のタイミングで息を合わせ、100キログラムを超す胴突(どうつき)と呼ばれる大きな角材を振り下ろす。

ここは大阪・堺市にある藤井製桶所、大桶を造ることができる日本で唯一、最後の桶屋さんだ。いま造っているのは直径約2.3メートル、高さ約2.5メートル、容量約30石(5200リットル)というみそ用の大桶である。

消えゆく木製の大桶

画像を拡大
藤井製桶所を率いる上芝代表

樹齢100~120年の吉野杉から切り出した側板40枚を組み合わせ、割った竹で編んだタガをはめる。木の性質を知り尽くした職人が絶妙な技で組み上げた桶は、接着剤などいっさい使わないのに、水さえまったく漏れることはない。

桶の内側に入り、胴突を打ち下ろす位置を指示しているのは、藤井製桶所の上芝雄史代表だ。底板が所定の位置にうまく入っているか、収まりがいいかどうか、打撃音を耳で聞き分けるという。

木の桶は手入れさえすれば、200年は保つそうだ。だが、しょうゆやみその醸造所で今も使われ続けている大桶は、戦前に作られたものがほとんど。つまり、遅くとも100年後にはすべての大桶が寿命を迎える。そうなれば、木桶仕込みのしょうゆやみそといった“本物”の味も消えていく。

次ページなぜ木桶は減ってしまったのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。