ヤマハ「ウインナホルン」工場に行ってみた

世界最高峰ウィーン・フィルに欠かせない楽器

静岡県磐田市にあるヤマハの豊岡工場。ここは、管楽器の一大生産拠点だ。トランペット、クラリネット、サックス、チューバなど多くの品目を製造している。

画像を拡大
手作業で製造されるウィンナホルン

その巨大工場の一角、学校の教室ほどのスペースに、年季の入った装置や金型が並ぶ。職人がこれらを操り、1枚の鉄板から丸みを帯びた独特の形にしていく。

ここで作っているのは、世界最高峰のオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で使用されている特注のウインナホルンだ。記者は、その現場を取材する機会を得た。

ウインナホルンと一般的なホルンの違いは、いわば、「馬車と自動車の違いのようなもの」(ヤマハ広報)。ウィーン・フィルでは、楽曲が作られた当時の音を正確に再現するために、ホルンだけでなく多くの楽器で既製品とは違う旧式のものを使用している。楽器の構造が違うため、音のニュアンスも変わる。

素人でもわかる音の違い

音を聞き比べると、まったくの素人である記者にもその違いがわかった。一般的なホルンが少しこもった、ふんわりした音なのに対し、ウインナホルンはパリッと張りのある音。特に長く伸ばして吹かれる音には、違いが顕著に出る。

ヤマハがウィーン・フィルの楽器を手掛けるようになったのは1970年代から。ウィーン・フィルの楽器は特注品だが、これらを製作していたヨーロッパの工房が、後継者不足や資金難で次々と廃業。伝統の音を守るため、一部の楽団奏者がヤマハに製作を依頼してきた。

「ヨーロッパ以外の国の職人に、われわれの音を任せられるのか」。別の楽団員から反発の声も上がったという。もちろんヤマハにとっても、これまで手掛けたことのない楽器ばかり。最初に打診を受けたのはウィーン式トランペット。製作に2年を要したが、この出来が楽団に高い評価を受け、ウインナホルンの受注にもつながった。

次ページ課題は後継者の育成
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT